特徴のある薬局・薬店について  北海道編

私は、置き薬の販売員をしているものですが、その仕事柄いろんな土地を回ります。その中で、今回は北海道に行ったときの特徴のある薬局・薬店にあるいはその付近のおもしろい釣り場ついてお知らせします。

北海道は広くて、一口に北海道の薬局と行ってもさまざまありますが、私が訪れたのは、北方領土問題でマスメディアに採り上げられることの多い根室半島にある山本薬局というところでしたが、単にこの薬局にとどまらず、このあたりの薬局はやはり寒冷地ということで、寒さに備えた品揃えが特徴でした。

ロシア人とのビザなし交流も始まっているとのことで、外国の方も訪れるため、薬の対応もそういったことを考慮に入れ始めているとのことでした。もちろん、私は魚介類にも興味があるので、北海道の海鮮食品はどんなものか興味あって、根室市を訪れました。ひととおり、薬局の方の話を聞いたあと、プライベートということで、釣りや漁業やおいしい魚介類についての知識を教えていただきました。

やはり、土地柄そういうことには薬剤師さんでも詳しくて、その晩はご一緒に土地の新鮮な魚介類を食べさせてくれる店を訪れました。サケやイカソーメンなど原材料そのままで味わう料理が多くてとても興味深かったです。新鮮な魚介類はやはり変に加工をしてしまうと、味が損なわれますので、東京の気取ったフレンチレストランの魚の料理法などは私には会わないという感想を持ちました。今度は、自分で漁に挑戦してみようと思います。

特徴のある薬局・薬店について  九州編

私は、置き薬の販売員をしているものですが、その仕事柄いろんな土地を回ります。
その中で、今回は九州に行ったときの特徴のある薬局・薬店あるいはその付近のおもしろい釣り場についてお知らせします。九州の長崎県に平戸というところがありますが、ここは薬局はいろいろありますが、ひらど中央薬局という薬局は、国民健康保険で運用されている平戸市民病院の近くにあるため、そこのお客さんが数多く訪れてきます。

やはり、処方箋を出せる調剤薬局の中で、規模の大きい方に属するので、いろいろな患者さんが、診療時間中は次々にやってきます。その中の患者さんの一人に聞いたところでは、平戸は魚で有名な土地で、むかしは海賊が跳梁跋扈した土地というではありませんか。早速私は、荒海の漁場に興味が出てきましたので、次の休みの日を利用して、近くの海に行ってきました。

予想通り、そこは大変海が荒れていて、こんなところで魚を捕ったりして大丈夫かなと思いましたが、何事も体験ですのでやってみました。すると、荒海にもまれたタイが運良く釣れまして、やっぱり九州の荒海は漁場としては優れたものであると実感いたしました。又平戸からは佐世保にも近くて、佐世保も漁場で有名ですし、行楽地としてはハウステンボスというものもあって、出張のついでに訪れる土地としては最適ではないかと思うようになりました。みなさんも是非一度この九州北部の素晴らしい漁場を一度訪れてみてはいかがでしょうか。

特徴のある薬局・薬店について  関西編 

私は、置き薬の販売員をしている中で、関西に行った時の特徴のある薬局・薬店あるいはその付近のおもしろい釣り場についてお知らせします。和歌山県の南紀白浜にあるアイン薬局南紀白浜店は、ドラッグストアと調剤薬局を兼ねている珍しい薬局ですが、それ以外にも土地柄を生かしたおもしろい店の展開をしています。

南紀白浜といえばなんといっても温泉が有名ですが、この薬局も温泉の成分を扱って、いろいろな製品した薬剤が開発されたものを棚に置いていて、見ていて飽きることはありません。さすがに、温泉地という感じで行くたびに感心してしまいます。置き薬の販売員としても、興味深い傾向が見られて、普通の土地でよく売れる胃腸薬があまりでないということがあります。

やっぱり温泉を引用していらっしゃる方が多いのではないかと思いますが、それによって胃腸の具合が良くなるようで、あまり胃腸薬は必要でないのではないかと思います。その他にも、この付近にはすぐ近くに海があるということで、私の好きな漁場にも欠くことはありません。タイやアジなどが旬のまま釣れるのですから、やはりここは関西の中でも屈指の絶好の釣り場と言えます。私もこの近くに来るたびに、釣り道具を欠かさずに持ってきて、釣りを楽しんでいます。

仕事をおろそかにするわけではありませんが、置き薬の販売員をしているとどうしても生活が単純になるので、生活のアクセントとして釣りを楽しんでいます。